今日も生きてる!有難う(^^♪【分家】・・・・・・・

こんなはずではなかった【本家】の【分家】です。ご近所井戸端会議レベルの個人的な買物記録や、古希を前に、人生の反省発見を綴ります。。。。ご訪問とお付き合いに感謝します。

ほぼ、ご近所井戸端会議ていどの情報です。。。。

着付教室に参加して一年たった。

以前にも日記に書いたが、手持ちの着物では寂しくて、ヤフオクで教材を追加している。

これぞ、という未使用、もしくは、新品同様の品は、1円スタートだろうが、1000円スタートだろうが、おおよそ1万円~2万円近くなることが解った。ただし、どうやら、【紋】の入った着物は入札が少ないことも解った。

で、今回も、刺繍紋とあったので、着丈も丁度良かったので入札して、競争なしでゲット!

二回目なので、約1時間で糸を抜いたが、気が抜けたせいか、地の糸まで引っ張ってしまい、ちょっとぼこぼこのなった。

+++++++++++++++++++++++

但し、専門業者にお願いしても 新しい紋を刺繍でいれかえてもらっても、紋交換色無地で11800円とあるからして、そんなに高価でなく、もっと綺麗に納得いく作業をお願いできるから、練習用でなく大事なお着物は業者さんにお願いした方が絶対に後悔しないことも解った。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

皇位継承に伴う、5月からの新元号が発表された。

毎日新聞によると、新元号を準備する専門職として、内閣官房に「特定問題担当」という担当があり、平成改元を経てこれまでずっと極秘の元号選定作業に携わり続けておられる部門があるらしい。

 担当の方は、漢籍の知識がおありで、学者に非公式に元号案の考案を依頼し、案を回収して、重複や俗用をチェックしておられたという。

 30年来担当の方は、平成18年に65才で亡くなられて今回の改元を目にされることはなかったとか。

平成の改元も、水面下で、ずっと準備がなされていたから、あの記者発表がスムーズになされたのだと。

 
さて、日経電子版によると今回の他の5案のうち4案は次の4案らしい。

 「政府が1日の新元号の選定時に有識者懇談会などに提示した6つの元号案のうち5案が分かった。
新元号に決まった「令和」のほかに「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」を示した。 +「久化」
出典は「英弘」「広至」が日本の古典(国書)、「万和」「万保」が中国の古典(漢籍)だという。」

「令和」は万葉集からの語句というが、そのまた、出典は、ニコニコ大辞典によると次のように ある。

 『文選』巻十五に収録された張衡(後漢の政治家・科学者、78-139)の『帰田賦』に以下の一節がある。岩波書店の新日本古典文学大系『萬葉集(一)exit_nicoichiba』には、「梅花の歌」の序文はこれを踏まえたものであることが補注されている。[17][18]

白文:於是仲春令月 時和気清 原隰鬱茂 百草滋栄

 書き下し文:是に於いて、仲春の令月にして、時和し気清み、原隰し鬱茂し、百草滋栄す。

 漢籍の孫引きということになるが、いいではないですか。

 先日、NHKのドキュメンタリー番組で、日本人の遺伝子についての解析をみた。

 弥生人、縄文人の由来、分布などについてだったが、今の日本人の遺伝子には、東南アジア、中国大陸、北方アジアの遺伝子が複雑に入っているという。

 奈良時代以前から仏教や、技術を大陸や、半島から人を招いたり、出かけたりして取り入れて、和人の文化や技術を高めてきた我々の祖先。

 すでに、ハーフ、クォーター、、、、、、、では分類できない混血がなされているこの事実。

 テレビを見ても、なんと、ハイブリットな、アナウンサーや、タレントさんであふれていることか。

 「和」人としての、文化、練り上げてきた文化も大事に、その上で、世界と渡り合っていける国際人になれるかというと、自分は、地味にイソップの「田舎のネズミ」として、見える範囲で無事に生きていきたい。

 なにを言いたいか混乱してしまった。

 日本人が、長い歴史の中で、取り込んで練り上げた文化や技術は日本の人にとって誇れるものである。太古より、交流によって、文化、技術は発展してきた。

鎖国の時代さえ、長崎などの窓口を残し、オランダや半島、大陸との交流を続けていた。

 明治維新以降、お手本にした列強の帝国主義があの不幸な大戦に日本を導いてしまったが、戦後、日本の経済界は、中国や、韓国に、多大な技術援助や、資本投下をして、償いをしてきた。

 ただ、その交流を知っている人々は高齢化で、亡くなられたり、発言の場がなくなって、古き時代の交流が忘れ始めているのが残念だ。

 よく、人は、他人からよくしてもらったことは忘れるが、酷いしうちは忘れない。という。

 「水に流す」ということわざは日本人独特であると、イザヤベンダサンが書いておられたと記憶する。

日本人がお人好しであるのかもしれないが、大陸の二大国とも、半島の国々とも、勿論その他の5大陸、太平洋の向こう、そのまた向こう、地球の裏側の国々とも、「多国間主義」で共存共栄できる道がこの令和の時代に実現できますようにと祈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

着付教室に、古希を前に参加して、一年が過ぎた。

手持ちの着物では間に合わず、ちょくちょくとヤフオクで教材を探している。

訪問着が欲しくて探したら、結構なお品が見つかった。

但し、洒落紋と為書きがあるらしい。

これまでの経験では、このクラスの着物の落札は、たとえ、1円スタートでも、2万円近くなるか、遥かにそれを超えることが多く、何度も、途中で諦めた。

年金暮らしで、上限を厳しく自分に課している。嵌ったら、依存症破産だ。

で、今回は、紋や為書きがあったおかげか、ねらい目の安価に落札できた。

・・・・・・・・・・・・

自分には目論見があった。紋は写真で確認して、刺繍だったので、きっと糸を抜けると。

問題は、為書きだ。

墨は抜きにくい代表だ。だめなら、刺繍糸で、目立たないように上をつぶせばいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商品が届いた。

早速刺繍の糸を抜いた。
道具は昔ながらのにぎりの糸切り鋏と、極細のレース針、毛抜き、
それからローラーの粘着テープ。

次は為書きだ。

こっちはやっかいそのもので、しかも、地色が抜けてしまった。
ま、いっか。


使用したのは、
タオル+自分の指:特に爪
バスタオル、ゴミ袋←下に敷く
台所用洗剤のジフ、練り歯磨き
布は、確実に傷みます。
地色も確実に抜けて白っぽくなります
念のため

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

んどうまめと

んげんまめをって

りこだしと

りんぎとあ

をだして

りぬきの

っぴんを

きょうした
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_20190318_084457376_HDRIMG_20190318_084415755



美味しいコーヒーを安価で毎日存分に楽しみたい。
高級な引き立てのコーヒーは100g単位でとても手が出ない。
スーパーなどでも、200g、360g、400g、500gの豆のパックがあると、つい貧乏性で、100g単価の一番低い500gパックを手に取ってしまう。
特価で、モカブレンドがあると、買いだめしてしまう。

豆を購入して、一回分ずつ挽いてドリップするのが一番だが、とてもそんな気持ちの余裕はもてない。

身の丈で、挽いた500gパックのコーヒー粉を香りよく保存するにはどうしたらいいのだろうかとふと考えた。
これまでは、スーパーで購入した400g用の缶に袋からだした粉を入れ替えて使用していた。500gの余った袋に残ったものはまず、50gを開封した日にポットにドリップし、翌日までは袋の口をゴム輪で留めて使っていた。

しかしながら、缶の蓋は、ポリプロピレンらしく、すぐに劣化して欠けたり、割れたり、伸びたりする。

そこで、ネットで、500g全部が入るキャニスターを探した。

ハリオのコーヒーキャニスターは大きさはいろいろあるが、透明なボトルで、光を通す。
ジアレッティ 自動真空保存キャ二スターという商品もみつかったが、やはり透明なボトルだし、なんとなく壊れそうな気もした。
で、たどり着いたのが、澤井コーヒーの黒いスチール製のキャニスター。

毎日コーヒー粉が減るので、上に、シリコンの内蓋をし、ガラスの、漬物重しをのせた。

毎朝、蓋をあけると、コーヒーの香りが残っているのが嬉しい(^^♪🎶

送料無料にするために、ダメ元で注文した、澤井コーヒー、フォルテッシモブレンドが、とても美味しくてリピーターになりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

文在寅氏に大ブーメラン 徴用工被害者1386人が韓国政府訴えた

という記事をみつけた。一部を引用する。
「韓国では1965年に結ばれた韓日条約の交渉記録が公開されています。それによると賠償については日本側が行なうという申し出について、韓国政府は『自国民の問題だから韓国政府で行なう』と返答しています。『韓国側が無償提供された3億ドルを使い、強制連行者を含む賠償協議を行なう』ともあります。これらの資料は証拠として裁判所に提出しました。韓国政府には、国家が利益を横領したという『不法行為』と、国家が不当に利得を得たという『不当行為』、その2つの問題があるという理由で我々は裁判を起こしたのです」

 つまり、被害者が手にする権利を有する金銭を政府が「横領して使い込んだ」という主張なのである。

 今回、徴用工で韓国政府を提訴した原告は1103人。韓国政府を相手に複数の裁判が起こされており、軍人・軍属等の広義の意味での徴用者を含めた原告の累計は1386人に上り、さらに増え続けているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_20190301_095421282年金生活者にとって、所謂【100均】は大いに助かる場所だ。

自分の趣味のDIYはダイソー、
ちょっとかわいい小物や、スマホ関係はセレア
食料品はローソン100

安倍さんの、「物価上昇政策」にはあらがっているが、少しでもコスパのいいものをと、ネットでも、アナログでも暇に任せて一円でも節約をと探している。

昨今の健康番組で、近隣のスーパーの棚からは、さば缶や、いわし缶の手頃な価格帯の商品が消えてしまった。
で、自分は、ちょっと遠いが、ローソン100に出かけてみた。

あった、あった。
日本で獲れた魚を、海外で加工とある。大きさも、中身が90~110gでスーパーの物と変わらない。

両手分かごに入れて、レジに並んだ。
バイトのお兄さん、ごめんね。

貴方がたの時間給、こんなお客ばかりだと上がらないけど。。。。。

名医の太鼓判⇒こちら
梅ズバッ⇒こちら
林修の今でしょ⇒こちら





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日、【ごぼう抜き】を生まれて初めて実行した。

そもそも、きっかけは、春になり、猫の額の庭を掃除しようと、スーパーで貰った発泡スチロールの箱を動かそうとした事だった。

その発泡スチロールの箱には、一年以上前に、料理で使ったごぼうの、端っこがあまりに元気だったので、
ほんの1cmの茎を土に活けたものだった。

あ、動かない。持ち上げてもびくともしない。
家人を呼んで、スコップを箱の下に差し込み、てこの原理で、2人がかりで箱を持ち上げた。

とたん、大きな穴があいて、箱の底が抜け、ごぼうが現れた。

 

あらま、これはすごい。二人で、スコップと、移植ごてで、土と悪戦苦闘すること約30分。
少し、根の先を折ってしまったが、全容が出てきた。

箱は、元に戻して、先っぽ2cmを再度土に活けた。
来年は、もっと、早めに掘ってみようと思う。

もちろん、収穫は、半分は、かき揚げに、残りは、マリネにして、昨夕から毎食楽しんでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ネットのニュースで「日本の古地図 独島を韓国領と表記=韓国・ホヤ地理博物館長」とあった。
直に、検索してみると、すでに2015年の島根県の記事があったので、メモとしてコピペする。

実事求是〜日韓のトゲ、竹島問題を考える〜第39回

『実測日清韓軍用精図』について

 

 2015年2月25日、韓国のネット上には「独島、韓国領立証の古地図公開」と題して、竹島問題に関連する記事が掲載された。ホヤ地理博物館のヤン・ジェリョン館長が、明治28年(1895年)に吉倉清次郎が刊行した『実測日清韓軍用精図』を根拠に、日本の古地図が竹島を韓国領としていた、としたのである。

実測日清韓軍用精図

【『江原道日報』(2015年2月25日付電子版)が報じた『実測日清韓軍用精図』部分】

 『実測日清韓軍用精図』には「松島」が描かれ、その外側に引かれた破線を「国界」としているのが理由である。ヤン・ジェリョン館長はその「松島」を現在の竹島とみなし、松島の右側に引かれた「国界」を根拠として、日本の古地図が竹島を韓国領とした証拠としたのである。

 だがこの『実測日清韓軍用精図』は、すでに2006年10月25日付(2009年10月7日記事修正)の『東亜日報』(電子版)でも「1895年、日本軍地図にも独島を韓国領と表記」と報じられ、その第一発見者とされる保坂祐二氏が次のように語っている。

 「日本の軍部が10余年間調査した内容を基に、民間人の吉倉清次郎が1895年に編纂した。鬱陵島(竹島と表記)と独島(松島と表記)が朝鮮の領海に位置している。はっきりと分けられた朝鮮の国境線の中に独島が含まれている地図は、今回、はじめて公開された。日本が独島を島根県に編入する1905年以前の正確な地図が公開され、日本政府の主張が偽りであることを示している。」

 それを今回は、ホヤ地理博物館のヤン・ジェリョン館長が、「韓国領独島を立証する国内唯一の古地図」として、『実測日清韓軍用精図』を公開したのである。

 だが『実測日清韓軍用精図』については、ヤン・ジェリョン館長や保坂祐二氏のように、安易に結論を下すことはできない。当時の地図及び海図に登場する「松島」は、後述するように近世以来の竹島の別称ではなく、鬱陵島のことを指していたからだ。その遠因は、シーボルトが1840年に作製した『日本全図』にある。『日本全図』では、従来から海図等に記されていたアルゴノート島とダジュレー島に、それぞれ竹島と松島と表記したことで、その後、欝陵島(ダジュレー島)は松島と呼称されることになったからである。それも1859年版と1863年版の英国海軍の海図では、アルゴノート島に由来する「竹島」を破線で示し、1863年度版では「竹島」にPD(PositionDoubtful)と付記している。これは当時、「竹島」が、所在が不確かな「疑存島」とされていたからである。

 それをヤン・ジェリョン氏は、『実測日清韓軍用精図』に「松島」とあると、それを竹島と決め付け、『実測日清韓軍用精図』の中の「竹島」を鬱陵島としてしまったのである。近代日本で作成された海図や地図の多くは、英国海軍の海図等を基にしている。その中の「竹島」には、PD(PositionDoubtful)と注記がなされていたのである。

英国海軍海図

【1863年、英国海軍海図『日本‐日本、九州、四国及び韓国一部』部分。(李鎮明氏の改訂版『独島、地理上の再発見』(2005年)より)】

 それが1876年度版の海図からはPD(PositionDoubtful)と注記された竹島が消え、フランスの捕鯨船が1849年に発見したリアンコールト島(後の竹島)と松島だけが描かれている。従って、ヤン・ジェリョン館長や保坂祐二氏のように、『実測日清韓軍用精図』の見たままを解釈し、「松島」を竹島とすることは無理がある。それは19世紀末になると、欝陵島を「松島」とも称するようになり、その名称が錯綜としていたからである。

 そこで官命を受けた外務省嘱託の北澤正誠が、1881年に『竹島考証』をまとめ、竹島(鬱陵島)の来歴を明かにしたのである。その『竹島考証』によって、海図等の「松島」は欝陵島であったことが明らかとなり、以後、松島は欝陵島の呼称となるのである。

 事実、1882年、鬱陵島に渡った鬱陵島検察使の李奎遠は、現地で遭遇した日本人から、日本では鬱陵島を「皆、松島と称す」と伝えられている。それも日本人が欝陵島を松島としたのは、1882年よりも早い時期からであった。鬱陵島検察使の李奎遠は、欝陵島で遭った日本人から、欝陵島の南浦に「明治二年二月十三日岩崎忠照建之」と書かれた標木があることを聞き出し、現地で「日本国松島槻谷」と書かれた標木を確認している。その標木は長さ六尺、広さ一尺で、長斫浦と桶邱尾の間にある海辺の石逕に立てられていた。

 これらの事実は、李奎遠の『鬱陵島検察日記』から程遠くない時期に作成された『実測日清韓軍用精図』の「松島」についても、軽々に竹島とすることはできない、ということなのである。

 ではその『実測日清韓軍用精図』の「松島」は竹島ではなく、鬱陵島だったのであろうか。『実測日清韓軍用精図』には、それを判断するポイントが二つある。一つは『実測日清韓軍用精図』に描かれている「松島」の経度を推測することで、もう一つは「海底電線」の敷設場所から、欝陵島の位置を判断することである。

 まず鬱陵島の経度が東経130度54分、竹島は経度が東経131度52分ということがヒントになる。そこで竹島の経度と近いウラジオストクを基点に、東経130度と東経135度の経線に沿って「松島」まで平行線を延ばし、それが「松島」近くを通過するかを試みることにした。ウラジオストクは東経131度55分に位置し、東経131度52分の竹島の経度とも近いからである。

 だがウラジオストクから東経135度の経線に沿って平行移動した直線は、「松島」に近接することなく、「松島」と東経133度19分付近の隠岐諸島の間を通過した。これは『実測日清韓軍用精図』の「松島」が現在の竹島ではなく、東経130度56分のダジュレー島に由来する鬱陵島であったことを示唆している。この事実は、『実測日清韓軍用精図』には鬱陵島は描かれているが、今日の竹島は描かれていない、と言うことである。

 それを証明する手段となるのが、1871年にデンマークの大北電信会社が敷設した「海底電線」の存在である。『実測日清韓軍用精図』に引かれた「海底電線」を見ると、ウラジオストク(浦塩斯徳)から「松島」の東側をかすめ、対馬島と壱岐島の間を通って長崎に達している。この「海底電線」の存在によって、『実測日清韓軍用精図』に描かれた「松島」が欝陵島なのか、竹島であるのかの判断ができるからである。

 そこで海底電線を敷設した大北電信会社の社史(『大北電信株式会社1869年~1969年会社略史』)(注2)で確認すると、海底電線は、ウラジオストクからほぼ直線で長崎方面にまで延びている。それを『実測日清韓軍用精図』のように、「松島」の東側を通過させることは、物理的に無理がある。保坂祐二氏は『実測日清韓軍用精図』について、「日本の軍部が10余年間調査した内容を基に、民間人の吉倉清次郎が1895年に編纂した」とコメントしているが、実際の『実測日清韓軍用精図』は、杜撰だったのである。

 それでは海底電線は、何処に敷設されていたのだろうか。『極秘明治三十七八年海戦史』所収の「軍用電信連絡一覧図」で確認すると、海底電線(軍用の水底線)は朝鮮半島と鬱陵島の間に敷設されている。『実測日清韓軍用精図』に記された「海底電線」の敷設場所は、正しく表記されていなかったのである。

 それを証明するものとしては、大韓帝国の農商工部水産局が隆熙二年十二月(1908年)に刊行した『韓国沿海水産物分布図』がある。『韓国沿海水産物分布図』では、「海底電線」の敷設場所を鬱陵島と朝鮮半島の間としているからである。それに『韓国沿海水産物分布図』の郵便、電信、電話路線は、明治41年(1908年)3月に統監府通信管理局が刊行した『韓国通信線路図』に依拠していた。

 「海底電線」の敷設場所を基準とした時、海底電線の近くにある「松島」は、鬱陵島でなければならないのである。『韓国沿海水産物分布図』では、その欝陵島の下に(松島)と、欝陵島の別称を併記しているからである。それに鬱陵島を「松島」としていた事実は、2013年8月14日付の『慶北毎日』(電子版)等でも報じられていた。「青い鬱陵・独島を育てる会」顧問のチョウ・ヨンサム氏が公開した『日露満韓東亜新地図』(1905年5月15日刊)には海底電線と欝陵島が描かれ、その鬱陵島にも(松島)と明記されているからである。

 だが『慶北毎日』(電子版)とそれを転載した『日曜ソウル』(電子版)は、その事実には言及せず、「竹島」が朝鮮半島と欝陵島の間に描かれていることを理由に、次のように報じている。

 「その上、独島(竹島)を江原道側に付けており、当時、日本が独島の位置さえ正しく把握していなかったことが知れる」。

 勿論、この『日露満韓東亜新地図』に描かれた竹島は、アルゴノート島に由来する「竹島」である。それに日本政府は、『日露満韓東亜新地図』が刊行される4ヶ月程前の1月28日、閣議決定によって東経131度52分の新島に竹島と命名し、日本領としていた。「当時、日本が独島の位置さえ正しく把握していなかった」といった記述には、何ら根拠がない。

日露満韓東亜新地図

【『日露満韓東亜新地図』、『慶北毎日』(2013年8月14日付電子版)、赤丸は『慶北毎日』が施したもの】

 今回、ヤン・ジェリョン館長も『実測日清韓軍用精図』に描かれた「松島」の東側に「国界」とあると、それをそのまま松島を竹島として、日本側が竹島を韓国領としていた証拠としてしまったのである。

 しかしそれは、『実測日清韓軍用精図』を恣意的に解釈しただけで、その論拠は示されていない。竹島問題は、幼稚園児のお絵描きの時間とは違う。思いつきの発言は、厳に慎むべきである。そこでヤン・ジェリョン館長と保坂祐二氏に求めたいのは、歴史研究の基本に従い、論拠を示した上で自らの主張を述べる、ということである。

 これまで韓国側では、「独島は我が領土」とする前提で古地図や文献を解釈してきた。それも誤解が明らかとなっても、訂正されることもなかった。そのため同じ古地図や文献が何度もマスコミに登場し、「この地図の公開で日本の独島編入の主張が虚構で偽りであることを明かにするもので、今、日本の立場を再び明確に聞きたい」等といった類のコメントが繰り返されてきた。

 だが歴史的事実として、竹島は韓国領ではなかった。それを戦後、竹島を侵奪した韓国側が「民族の自尊心」、「民族の島」と祭り上げては、日本側の返還要求には詭弁を弄して、言い逃れに終始してきたのである。『実測日清韓軍用精図』を利用した今回の報道も、「白を黒とする」韓国側マスコミの常套手段の一つである。

 戦後70年、竹島を侵略し、侵略国家となった韓国は、侵奪を正当化するためのプロパガンダに必死となっている。今年は、日韓の国交正常化から50年でもある。「歴史を直視」し、過去を反省しなければならないのは、韓国の方なのである。

(下條正男)


注1:英国海軍水路局海図『日本‐日本、九州、四国及び韓国沿海一部』(1876年)

注2:『大北電信株式会社百年略史』(昭和47年3月、国際電信電話株式会社刊)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ぞ せいばつに
ほうまき をもって
ず のかみが

をもってたたかわん

かん
 と 
の こくに
ど を  
しゅっぱつした

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ